Water & Solutions Forum – Water Science, Processing and Maintenance

MENU

非金属

<解説の目的>
 本解説では、水質汚濁に係る環境基準・健康項目に指定されている非金属類、ほう素 Bふっ素 Fひ素 Asセレン Se、について取り扱う。
 表1に示すように、これらの元素は生体を構成する微量元素(表1)であり、水循環と食物連鎖を通じて、動植物に摂取されている。しかし、これらの摂取量が不足しても過剰となっても、動植物の生育や人の健康に障害を生じる。
 環境基準および排出基準(項目によっても異なるが、概ね環境基準の10倍)を超える水質汚濁が生じた場合には、その対策が求めらる。
 対策を計画・実施する際に、発生原因・状況の調査および対策技術の設計・施工・維持管理が必要となる。上記の健康項目の中で、元素の周期表に見られるように、外殻電子構造の類似性(表2)から、B は Be・Al・C・Si、As・Se は Si・P・Sと類似した挙動を示す。このことから、地殻(鉱床・土壌)・水(海水・地表水・地下水)・生体において、それぞれが共存した構成元素となっていることが多い。調査方法および対策技術において留意すべきことである。
 また、定量測定における試料の採取・保存・分析操作(前処理・濃縮・測定機器)や対策技術においては、対象元素の物理・化学(表3)・生物学的性質に関する基礎的知識が求められる。
<解説の内容>
 各解説は、対象元素について、(1) 概要(天然界の状況、生活・工業利用、健康障害など)、(2) 物理・化学・生物学的性質、(3) 対策技術、(4) 測定方法から構成されている。

表1 生命体の構成元素
life-essential-elements

表2 非金属元素の周期表
periodic-table
表3 貴ガス・ハロゲンを除く非金属元素の主な性質
non-metals

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.