Water & Solutions Forum – Water Science, Processing and Maintenance

MENU

水利用の状況

水使用の現状

平成23年(2011年)における我が国の水使用実績(取水量ベース)は約809億m3/年で、用途別に見ると、都市用水が約265億m3(生活用水:約152億m3、工業用水:約113億m3)、農業用水が約544億m3であった(公益事業や消・流雪などのために使用された水量は含まない)。

water_use
水利用の形態と区分

 全国の水使用量

生活用水

家庭で使用される水を家庭用水、オフィス、ホテル、飲食店等で使用される水を都市活動用水といい、これらをあわせて生活用水と呼んでいる。
生活用水の一人一日当たり使用量は水洗便所の普及などの生活様式の変化に伴い1965年から2000年までの間に約2倍に増加し、この間の人口の増加や経 済活動の拡大とあいまって生活用水の使用量は約3倍に増加したが、1998年頃をピークに緩やかに減少傾向になっている。
家庭用水の使い方は、トイレ(約28%)、風呂(約24%)、炊事(約23%)、洗濯(約16%)といった洗浄を目的とするものが大部分を占めている。

図-生活用水使用量の推移
図-家庭用水の内訳

工業用水

工業用水は製造業などの産業活動に供給される水で、原料用、製品処理・洗浄用、ボイラー用、冷却用などに使用されている。
使用量には、一度使用した水を回収して再利用している水量が含まれており、使用量全体の中で、回収利用している水量が占める割合を回収率と呼んでいる。
工業用水の使用量は1965年から2000年までの間に約3倍に増加したが、回収利用が進んだため、新たに河川等から取水することが必要となる水量(補給量といいます)は1973年をピークに漸減している。
平成23年の工業用水使用量(従業員3人以上の事業所)は約465億m3/年であったが、新たに取水された淡水量は113億m3であり、回収率は76%であった。

図-工業用水使用量等の推移

農業用水

農業用水は、水田かんがい用、畑地かんがい用、畜産用に大別される。農業用水量は、近年減少傾向にある。
なお、農業水利施設を流れる水は、農村環境の保全、農産物・農機具の洗浄、生態系保全用水、親水の場など、多面的な役割を果たしている。

図-農業用水量の推移
ページトップ


掲載日:2017/05/06
更新日:2017/05/22

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.